低血糖症、冷え性とかについてのブログ。

低血糖症で冷え性のおっさんが食事や体調を管理しながら健康状態をつづるブログ

低血糖症の人は玉ねぎをやめたほうがいい

以前からどうも玉ねぎをたくさん食べた後に体が冷えたりしんどくなったりしていた気がして、しばらく止めていました。

そして久々に食べてみると例の低血糖症の症状が。

といっても玉ねぎだけを食べたわけではなく、ほかの食材かもしれないし、たまたま血糖値が乱れていたのかもしれないし、気を抜いていつもより早食いしてしまったのかもしれません。

そこで改めて万全の状態で玉ねぎを含んだ食事をとってみました。

するとやっぱり食後に低血糖症の症状が。

 

やっぱお前かい!

 

そこで改めて調べてみると、玉ねぎは数ある野菜の中でも1番と言っていいほど血糖値を下げる効果があるそうです(インスリンの分泌を促進するとか)。

なるほど、低血糖症でそもそもインスリンがドバドバ出る体質なのに、さらに玉ねぎでそれを促進させてしまっていたのですね…。

そらしんどくなります。

あと、基本的に野菜はどれでも血糖値を下げる効果があるそうです。

まぁさすがに野菜を全く摂らないのはやばそうなので、とりあえず量を今までの半分以下に減らしてみたいと思います。

前菜と摂らないとそれはそれで血糖値が乱れるので。

とにかく、玉ねぎは改めて禁止。

 

低血糖症の人は玉ねぎを筆頭に血糖値を下げる野菜の摂取を減らしてみると体調がマシになると思います。

ついでに言うと豆類も血糖値下げますよね。

これはずいぶん前に判明していたので、僕は豆類を食べないようにしています(味噌汁も今は飲みません)。

【広告】