低血糖症、冷え性とかについてのブログ。

低血糖症で冷え性のおっさんが食事や体調を管理しながら健康状態をつづるブログ

甘い物、酒をやめたかったら血糖値を安定させよう

甘い物やお酒が好きな人は多いですよね。

やめたいと思っていてもつい手を出してしまう。

我慢すればするほど食べたくて(飲みたくて)たまらなくなり、限界を超えるとドカ食い、痛飲してしまう。

恐らくこれは、血糖値が不安定だから起こるんだと思います。

 

血糖値が下がると体に糖分が不足するので、「甘いもの(酒も含む)入れろ」と脳が指令を出します。

ということは、血糖値を下げないようにすれば、甘い物もそれほど欲しくなくなります。

これは実体験からも言えることです。

 

【広告】

 

 

僕は昔から甘い物をあまり食べないのですが、たまーに強烈に食べたくなることがあります。

そういったときは、だいたい直前の食事の摂り方を失敗しています。

炭水化物から食べることはありませんが、間違って糖質の多い野菜から食べてしまったときは、食後に甘い物がどうしても食べたくなってコンビニに走ったことがありました。

このとき、血糖値が急上昇し、その後急下降して体内の糖分が一気に減ったことで脳が甘いもん食え!と指令を出したのでしょう。

そして、その次の食事できちんと順番を守って食べると、もう甘い物は全くほしくなくなっていました。

 

甘い物や酒をやめたい人は、血糖値の上昇を抑える食べ方をしてみましょう。

すると、「あれ、なんか甘い物(酒)いらないかも」と感じるようになるはずです。

血糖値の上昇を抑える食べ方はこちら。

 

k-yahata.hatenadiary.jp

k-yahata.hatenadiary.jp

 

食前にゼリー1本食べるだけ!【ベジファス】で無理な食事制限とサヨナラ!