低血糖症、冷え性とかについてのブログ。

低血糖症で冷え性のおっさんが食事や体調を管理しながら健康状態をつづるブログ

冷え性対策にスクワットをやって、どれぐらいで効果が出たか

冷え性対策にずっとスクワットをやっていましたが、やっと効果が出てきました。

で、どれぐらいやってるかというと、

 

片足スクワットを5回ずつ

 

です。

え?と思われるかもしれませんので、ご説明します。

これは、片足立ちになって、お尻をゆっくり沈めていって、そこから片足の力だけで全体重を持ち上げるスクワットです。

詳しくはこちらを参照。

training-style.net

ちなみに、ブルガリアンスクワットとは違います。

welq.jp

ブルガリアンスクワットは、片足を椅子などに載せるので、その分負荷は少し減りますし(それでもだいぶきついですが)、無意識的に載せた足の方にも力を入れて補助しようとしてしまいます。

一方、片足スクワットは一切補助ができない状態なので、それはそれはきついです。

 

僕はもともと両足でのスタンダードなスクワットを毎日100回~120回ぐらいやってました。

それでも最初、片足スクワットは1回も上がりませんでした。

で、普通のスクワットから一旦負荷の強いブルガリアンスクワットに変えたんですが、最初は5回3セットでへとへとになりました。

それが10回~12回を3セットぐらいできるようになって、はじめて片足スクワットが1回上がるようになりました。

 

【広告】

 

 

ざっくり言うと、普通のスクワット約300回=ブルガリアンスクワット約30回(片足)=片足スクワット1回、ぐらいの負荷ということです(体感ですのであしからず)。

この片足スクワットを5回です。

というと、なかなかの負荷だということが分かると思います。

 

で、これが5回できるようになって、やっと下半身の冷えがでなくなりました。

仮に足が冷えてしまっても、ちょっと動かせばすぐにポカポカしてきます(前はお風呂に入らないとどうにもなりませんでした)。

また、毎年10月ぐらいからヒートテックが手放せなかったのですが、今年は先日の寒波(横浜最高気温3度)でもいらなくなりました。

一応履いていたのですが、暑くて脱ぎました。

ここまで足が温かくなったのは近年なく、確実にスクワットの成果だといえます。

 

とはいえ、上記ぐらいやらないとダメみたいですね。

スクワット毎日100回程度では全然冷え性に効果は出ません。

 

ふくらはぎを温めて冷え性改善!「専用ウォーマー」

 

生姜(内からぽかぽか)×酒粕(めぐりと食物繊維)のWパワーのサプリメント!【酒粕しょうが粒】