低血糖症、冷え性とかについてのブログ。

低血糖症で冷え性のおっさんが食事や体調を管理しながら健康状態をつづるブログ

5月に夏バテしました ビールとコーヒーどっちが冷えるか問題

5月も半ばを過ぎた先日、突然発熱し寝込んでました。

服を着込んで寝たらわりとすぐ治ったのですが、原因は冷えみたいです(それ以外考えられない)。

熱が引いたあともまだ体に冷えがしつこく残ってだる~い日々が二日ほど。

そう、これは夏バテですw

 

5月に……

 

では何故そんなに冷えたのかというと、原因ははっきりしています。

コーヒーとビールですね。

どちらも体を冷やすので秋~冬には禁止していたのですが、暖かくなってきたというのもあり解禁しました。

最初は恐る恐る1杯(1本)から。

まあいくら冷え性とはいえコーヒー1杯、ビール1本で体がどうこうなるなんてことはありません。

「お、いけるやん!」と思ってから、あれよあれよという間に量が増えていきました。

暑い日なんかはコーヒー3杯、ビール3本も飲んでしまっていました。

普通の人なら全然問題ないでしょうが、冷え性の僕には完全にキャパオーバーです。

 

今考えればもう5月なのに朝やけに冷えるなとか(己の体が冷えてるだけ)、ちょっと体がだるいな、ぼーっとするなと冷えの症状は出ていたのですが、なぜか無視。

そうしてある日突然の発熱でダウンしたのは冒頭に書いた通りです。

 

体調が戻ったらいつものように原因究明。

考えるまでもなく「ビールが悪い!」と決めつけてビール断ちをしたんですが、二日経った今日、まだ冷えの前兆が時々きます。

あれ? と思いそれまでの数時間を振り返ってみると、冷える原因はコーヒー以外考えられません。

ちなみに全てホットで飲んでいます。

 

もしかして、冷たいビールよりホットコーヒーの方が体が冷えるのでしょうか?

 

考えてみたら十分ありえることですね。

ということで、明日からコーヒー断ちをしてビールを飲んでみようと思います。

それで今日ほど冷えなければ戦犯はコーヒー確定なのでコーヒーを永久にやめます。

ちなみに僕はビールをやめるよりコーヒーやめる方がきついです。

【広告】