低血糖症、冷え性とかについてのブログ。

低血糖症で冷え性のおっさんが食事や体調を管理しながら健康状態をつづるブログ。書いていることは全て個人の感想です。

コーヒーについての最終判断 

コーヒーを飲んだり、完全にやめたり、また飲んだりしていますが、ようやく1日にどれぐらいまでならOKかが分かってきました。

 

1日1杯まで

食後1時間程度空けてから

眠気覚ましや気付けに飲む

 

これで冷えやカフェインの離脱症状からくるイライラなどを最小限におさえ、頭をすっきりさせて生活にプラスにすることができます。

2杯目からは冷えが深まり、胃がシクシクしてきたりイライラが強くなったりします。

なので1日1杯厳守です。

食後1時間というのは、カフェインが鉄分の吸収を妨げるそうなので、食べたものをしっかり吸収してからということです。

 

飲むタイミングは朝か昼、仕事や練習に集中したいのに眠い、だるい、やる気が出ないというときに気付けとして。

逆に心身ともに元気で集中できているときは飲まないようにしています。

嗜好品やブレイクとして楽しむというよりは、気付け薬としてコーヒーを飲むようにすると自分にはちょうどいいようです。

 

一度カフェインを完全に抜いた後なので(ブログ記事参照)、朝1杯飲んだだけでも夕方まで持ってくれます。

以前は朝飲んでも昼にはまただるくなりまたコーヒー、夕食後にカフェインが切れてきてむずむずし、またコーヒー…と悪循環でしたが。

カフェインは慣れると耐性がつくので1杯の効果が減っていたのでしょう。

一度完全にカフェインを抜いてみて、改めて摂ってみると自分にとっての適量が分かると思います。

 

まあ人によって適量は違うので最終的には自己判断で。

【広告】